2012年05月26日

コンバット・パイソンへの憧れ。

  
 今回、紹介するのはコクサイ製モデルガン、『コルト・コンバットパイソン 3inch』。

[ ↓写真・下。上の4インチはタナカのスチールフィニッシュ・モデル ]



 一応、Ken-G.のGUNsブログでは、この趣味に出戻りしてから購入したトイガンを時系列で書いていくつもり。つい3年ほど前からだけど、記憶が曖昧でもあったりして・・・(笑)。

 コルトのパイソンモデルは多くのGUNファンから愛されているだけあって、Ken-G.も語れば長くなるよ(笑)? パイソン自体の生い立ちや魅力云々の話は雑誌やブロガーの間で語り尽くされているから、Ken-G.はあくまでも個人的なパイソンへの思い入れとかを駄文巻き散らかしたいと思っている(笑)。

 高校生の頃に最も憧れながら、手をこまねき入手し損ねたガスリボルバー、シルバーのコンバット・パイソン。国際産業製のステンレスメッキモデルで、パックマイヤーのラバーグリップが付いたスタイルに『スナブノーズの究極』を見た気がしたものだ(笑)。



[ ↑ 昔のコクサイの広告。あぁ、カッコイイ・・・(笑)]


 でも若いとさ、やっぱりいくら格好良くても『飛距離』とか『命中精度』等というスペックを偏重しがちで・・・。当時のガスリボルバーの性能と言ったら、″ 5m先に弾を届かせる ″のが精一杯。ただ格好良いってだけで、そこに1万円強の金を出せる筈も無く、ショップで散々悩んだ挙げ句に連れ帰ったのは『M629 マウンテン・リボルバー』だった。→理由はガスリボルバーとしては初のホップパッキンが搭載されていたから。確か『スナイピング・システム』とか言ったかな。″ 飛距離50m ″を広告でもデカデカと謳っており、リボルバー党のKen-G.は食いつかずにはいられなかった、というワケだ(笑)。



[ ↑M629マウンテン・リボルバー(写真・下)。上はマルシン製アナコンダ(現行品)]


 買った時はそれで充分、納得した。弾速は遅いものの、本当に『スゥ~ッ』と遠くまで飛ぶ弾道に大いに感激したものだ。Ken-G.の青春遊戯銃趣味のフィニッシュを飾るのに相応しい1丁だった、と言える。
 1993年の1月に買ったこのM629。こうもハッキリ覚えているのは、同年8月の某月刊誌の読者投稿コラム『GUN子新聞』にレビューを掲載させて頂いたからだ。その頃にはスナイピング・システムが搭載されたパイソン・シリーズが発売されたが、もはや社会人としてスタートを切り出した真っ盛り。休日には稼いだ金で遊びまくる事に明け暮れ、『ガスガンなんてもう知ったこっちゃねぇ』状態。三十路半ばに至ってトイガン趣味が再燃するまでは、コクサイ自体が1度廃業になり、ガスガン製造をやめた事すら知る由も無く、もう二度と『シルバーのコンバット・パイソン』を手に入れられない現実を受け入れるしかなかった・・・。

 タナカ・ワークス製があるって? → Ken-G.が出戻りしたのは2008年の冬頃から。その頃にはペガサスシステムのコンバットパイソン・シルバーモデルは店頭でもネットでも皆ソールド・アウト。オークションでもお目に掛からない。
 そりゃそうでしょう。こんな格好良いモデル、手放す人は少ないのではないかな? Ken-G.同様のノスタルジーを抱えた旧来のトイガン・ファンなら、手に入れた喜びもひとしおかと思う。

 しかし、せめてもの救いは在った。現在も『コクサイ』のブランド名で、モデルガンだけは製造・販売がされているのだ。サンプロジェクトとかいう会社が火災で焼け残った旧コクサイ工場の金型と会社そのものを買い取ったんだそうだ。ガスガンの金型は焼失したが、モデルガンのそれらは使える状態で残っていたらしい。

 その『現行コクサイ製』コンバット・パイソンのモデルガンがショップの棚の奥に在ったのだ。ヘビーウェイト樹脂に軽く黒染め処理が施された『USブルーモデル』。金型の使い回しがたたってか、エッヂがタレてはいるけど、これはコレで本来『職人手仕上げで磨き上げた』パイソンらしいとも言える。
 ガスガン用ではない、リアルのパックマイヤー製ラバーグリップが標準装備されたそのフォルムは正しく十数年前のコクサイ・コンバットパイソンそのもの。シルバーモデルではないが、自分のノスタルジーを満たすには大変な高ポイントだ。



 現在、コイツにはブルーイング液でシコシコ染め上げ、ホーグ製フィンガード・ラバーグリップを装着して喧嘩っ早い雰囲気に(笑)。 4インチモデルと並べても引けを取らないどころか、独特の獰猛な雰囲気は3インチのコンバットモデルならではの迫力だ。 ブルー処理は青くはならず、ひたすら『真っ黒ヌラヌラ』になったけど、イイ感じだと思う。要すれば、フロントサイトをレッドランプ入りにして欲しかったなぁ~・・・。



[↑ 晴天下で絞って撮ったら、青く写った光のアヤ【笑]

 と、かなり満足度の高かったこのコクサイ・コンバットパイソンのモデルガン。『シルバーのコンバットパイソンに出会えたら、もうトイガンは要らない』と思っていたけど、コレはKen-G.を相当、満腹にしてくれた。会社から帰って、ウマいパスタとビールで晩酌しながら.357MAGNUMのダミーカートをチキチキ込めたりして玩ぶ・・・。



[ ↑ 通常の屋外の明るさだとこんな感じ( もちろん、絞り上げています]


 本当にこれでトイガン趣味・再燃の熱が下がりかけた程だ。何せ2009年初頭の時点で、入手可能な最高のコンバットパイソン。自宅のデスクの飾りはこれで充分、もうしばらくはトイガン要~らない♪ そうとすら思えた・・・、ハズだった。



 が、しかし。となりもした訳だ・・・。


 ・・・タナカ・ワークス。

 そのメーカーの表面仕上げのバリエーションが次々と展開され始めたのだ。

 寄りによってパイソンで、だ。

 ここから先が今なお続く、Ken-G.の″ パイソン・フェチ迷走 ″の始まりだった・・・。
 

 







Posted by Ken-G.  at 19:26 │Comments(0)KOKUSAI.

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。